薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

アトルバスタチンOD錠の味情報

アトルバスタチンOD錠の味情報

今回お届けするのは、HMG-COA還元酵素阻害剤であるアトルバスタチン製剤唯一の口腔内崩壊錠(OD錠)のアトルバスタチンOD錠「トーワ」が味付け変更になるとのことで

新旧合わせて 味の情報をお伝えします。

※先発品にもOD錠はなしです(リピトール®︎)

 

試したのは旧バージョン:OD5mgx2 新バージョン:OD10mgx1

まずは見た目から

f:id:ozy89314-lab:20191102212655j:plain f:id:ozy89314-lab:20191102212736j:plain

見た目に変更点はなし(両面印字 10mgは割線あり)

大きさOD5mg:   7.0mmx3.3mm 135mg

           OD10mg: 9.0mmx4.1mm 270mg                                       (直径x厚さ 重さ)

 

続いて味情報です

旧バージョンの味

ややミントの香りあり、口溶けはゆっくり溶けていく感じ、ミントの香りと爽快感は強め、後味でやや苦味とミントの香料感が割と強めに残る。

 

新バージョンの味

甘いヨーグルトの香り(ヨーグレット®️の匂い)、口溶けは変わらずゆっくり溶ける。

甘めさも強めでヨーグルトのお菓子(ヨーグレット®️)を食べている感じ、後味の残るような感覚はなく苦味感もほぼなくかなり味は改善されています。

 

添加物は

旧:D-マンニトール、黄色三二酸化鉄、 アスパルテーム(L-フェニルアラニン 化合物)、香料l-メントール軽質無水ケイ酸ステアリン酸Mg、その他4成分

新:D-マンニトール、メタケイ酸アルミン酸Mg炭酸水 素Naアセスルファムカリウム、黄色三二酸化鉄、 酸化チタンアスパルテーム(L-フェニルアラニン 化合物)、香料ステアリン酸Mg、その他4成分

 

ネット上の添付文書は新バージョンに変わっています。

市場に供給されるのは12月の頭くらいからとのこと

 

以上です。

 

 

 

 

アリピプラゾール口腔内崩壊錠の味情報

アリピプラゾール口腔内崩壊錠の味情報

今回お伝えするのは、アリピプラゾール口腔内崩壊錠(先発はエビリファイ®︎)の味情報です。

今回は、後発品を6社(6製品)試しました。(杏林(陽進堂さんとコプロ)、アメル、日医工東和薬品、オーハラ(共創未来))オーハラのみ12mgを他は6mgで試しています。

f:id:ozy89314-lab:20191031193230j:plain f:id:ozy89314-lab:20191031193301j:plain

まずはじめに見た目から

杏林:両面印字です 7.0x3.3 135mg

アメル:両面印字です 7.1x2.7 120mg

日医工:両面印字(片面は規格を)7.0x2.9 135mg

トーワ:両面印字で割線あり 7.5x3.5 157mg

オーハラ;両面印字です 7.0x2.6 115mg         (直径mmx厚さmm 重量mg)

 

各社大きさには大差はないのかなと感じました。

 

味情報です

最初に杏林(陽進堂;変わった匂いはなし、口溶けはゆっくりですが強い苦味、甘味もないです。

 

アメル;匂いはなし、口溶けは早めです、口の中ではややレモンのような香りの味があり、苦味はないです。

 

日医工;匂いはなく、口溶けはゆっくりです、ほんのり甘い程度で変わった香りはなく苦味もないです。

 

トーワ;ややミントの香り、口溶けは早めです、ミントの香りがあるが甘さは控えめです。

 

オーハラ(共創未来):匂いはなく、口溶けはゆっくりめ、ほんのり甘く苦味はないです。

 

 

個人的には、アメルさんは飲みやすいかなと感じました。

 

添加物はこちら

杏林;D-マンニトール、ヒプロ メロース、ヒドロキシプ ロピルセルロース、クロ スポビドン、ステアリン 酸マグネシウム

アメル;D-マンニトール、スクラロー ス、デキストリン、結晶セル ロース、低置換度ヒドロキシ プロピルセルロース、ステア リン酸マグネシウム、香料

日医工;D-マンニトール,結晶セルロース,アスパ ルテーム(L-フェニルアラニン化合物),低 置換度ヒドロキシプロピルセルロース,ヒド ロキシプロピルセルロース,ポリオキシエチ レン(105)ポリオキシプロピレン(5)グリコー ル,無水クエン酸ステアリン酸マグネシウ ム

トーワ;D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルア ラニン化合物)、香料、部分アルファー化デンプン、 ステアリン酸Mg、その他3成分

オーハラ;低置換度ヒドロキシプ ロピルセルロース、D-マ ンニトール、結晶セル ロース、トウモロコシデ ンプン造粒物、ヒドロキ シプロピルセルロース、 軽質無水ケイ酸、フマル 酸、アスパルテーム(Lフェニルアラニン化合 物)、アセスルファムカ リウム、フマル酸ステア リルナトリウム、黄色 三二酸化鉄

 

補中益気湯エキス製剤の味情報

補中益気湯エキス製剤の味情報

今回は補中益気湯のエキス製剤の味情報です。

今回は、ツムラさん、オースギさん、クラシエさんの3社のものを試しました。

 

まずは見た目です。

クラシエさんは細粒です 色合いは一番濃いめ(明るめの色です)

ツムラさんオースギさんは顆粒 色合いはほぼ同じように感じました。

f:id:ozy89314-lab:20190907154254j:plainf:id:ozy89314-lab:20190907154328j:plainf:id:ozy89314-lab:20190907154426j:plainf:id:ozy89314-lab:20190907154459j:plain

匂いに関しては、クラシエさんが一番抑えれれているように感じました。

 

続いて味情報です。

まずは、そのまま服用する場合です

ツムラさん

草の感じや漢方独特の味は弱め、甘みや苦味も強くは感じず飲みやすいと思う。

 

オースギさん

甘い味が強めに感じます、苦味はあまり感じず。

 

クラシエさん

漢方独特の味があり甘さはあまり感じません 少し後味として残る感じもあり。

 

続いて、お湯に溶かして服用した場合

まずは見た目

こちらも細粒・顆粒の状態の時と同様にクラシエさんが色合いは濃いめです

次にオースギ、ツムラが溶かした場合は色が薄めという印象です。

糖度はツムラ:1.3 オースギ:2.7 クラシエ:2.2

f:id:ozy89314-lab:20190907154537j:plain

続いて味です。

ツムラさん

やや溶け残りがあります(溶けにくさ)、漢方(草)の香りはやや強め、甘みや味はさほど強くはなく飲みやすいが多少後味としてえぐみのような感じあり

 

オースギさん

溶けは三社の中では一番良く、甘い香りが強めです、味も甘味を一番強く感じます。

後味も悪くない

 

クラシエさん

匂いや香りは強くはないが、溶けが少し悪い印象 味もそれぞれの味が濃い甘味も強いが苦味なども主張してくる感じ

 

以上です。

 

個人的にはクラシエさんがやや味では苦手な印象ですが、クラシエさんのものは1日2回タイプ 回数が少ない点は強みかなと感じました。

 

各社 内訳です 白朮か蒼朮を使用するかで違いがあります。

  ツムラ7.5g /日中 オースギ12g /日中 クラシエ7.5g /日中
日局オウギ 4 4 4
日局ソウジュツ 4    
日局ニンジン 4 4 4
日局トウキ 3 3 3
日局サイコ 2 2 2
日局タイソウ 2 2 2
日局チンピ 2 2 2
日局カンゾウ 1.5 1.5 1.5
日局ショウマ 1 1 1
日局ショウキョウ 0.5 0.5 0.5
日局ビャクジュツ   4 4

 

 

 

 

ポラプレジンク口腔内崩壊錠の味情報

ポラプレジンク口腔内崩壊錠の味情報

今回お伝えするのは、ポラプレジンク口腔内崩壊錠の味情報です

今回は先発品のプロマックD錠®︎と後発品からポラプレジンクOD錠のサワイさんのものをお伝えします。

 

外観から

両方とも、識別コードの刻印のみです

大きさは

プロマックD®︎ 7.0×3.6 130mg  直径×厚さ(mm)

サワイさん  7.0×3.4 130mg 

と大きさはほぼ同じです。

f:id:ozy89314-lab:20190905095230j:plainf:id:ozy89314-lab:20190905095307j:plainf:id:ozy89314-lab:20190905095358j:plain


 

続いて味情報です。

最初に先発品であるプロマックD®︎錠

匂いはほぼありません、口の中に含むとボロボロと崩壊していきます。

香りもほとんど感じません、苦味は全くなくやや酸味とほのかに甘みを感じます

後味も特にありませんでした。

 

次にサワイさんのものを

ややミントの香りがします、口溶けは(先発よりは)早めです

ほんのり口の中でもミントの香りを感じ、甘みはほんのり感じる程度です、こちらも苦味はありません。

 

以上が味情報です。

 

添加物は

プロマックD®︎錠

D- マンニトール,結晶セルロース,ヒドロキシ プロピルセルロース,クロスポビドン,低置換度ヒドロキシプ ロピルセルロース,軽質無水ケイ酸,スクラロース,ステアリ ン酸マグネシウム,粉末還元麦芽糖水アメ,1- メントール,香 料

サワイ

クエン酸、クロスポビドン、軽質無水ケイ酸、結晶 セルローススクラロースステアリン酸Mg、ポビドン、D‐マン ニトール、l‐メントール、香料

 

 

 

 

スクラルファート水和物製剤各種の味情報と糖度

スクラルファート水和物製剤の味情報と内用液の糖度

今回お伝えするのは、スクラルファート水和物製剤の味情報と内用液の糖度の情報をお伝えします。

今回は、先発品としてアルサルミン®︎細粒90% 

後発品としてスクラルファート顆粒90%日医工

内用液として、スクラルファート内用液10%日医工

上記の3製剤を試しました。

 

まずは外観から

f:id:ozy89314-lab:20190821190354j:plainf:id:ozy89314-lab:20190821190432j:plainf:id:ozy89314-lab:20190821190525j:plain

f:id:ozy89314-lab:20190821190625j:plainf:id:ozy89314-lab:20190821190656j:plainf:id:ozy89314-lab:20190821190730j:plain

細粒剤と顆粒剤の違いがあるため見た目としても粒子径には差があります。

 

内用液は沈殿していますので、浸透した状態です。

 

続いて味情報です

まずは、先発品であるアルサルミン®︎細粒からです

キメの細かい粒子です、特に強い変わった匂いは感じません

味は、苦みや甘みもほぼなくやや清涼感を感じる程度です。

口溶けは良い方だが、細粒剤特有のもっさりと口の中に残る感じはあるのでしっかり水で飲む必要あり

 

続いて、スクラルファート顆粒「日医工

苦みや甘みはほとんどなく、少し酸味のあるような清涼感(スッキリ感)のある味です

ややペタッと下に付着する感じがあるが、水なしでも服用できそうな感じ。

 

最後に、内用液

f:id:ozy89314-lab:20190821190818j:plainf:id:ozy89314-lab:20190821190850j:plain

スクラルファート内用液10%「日医工

内用液は糖度も測定しました。

糖度は13Brix%でした。

 

味は、清涼感のあるスッキリとした甘さです、苦みは感じません。

やや下に付着するような感じのある液体です。

 

 

今回試した中では、内用液>顆粒>細粒で飲みやすいかなと感じました。

 

添加物は

アルサルミン®︎;トウモロコシデンプン、マクロゴール6000、ヒプロメロース、含水二酸化ケイ素、香料

顆粒「日医工」;カルメロース、メチルセルロース、ハッカ油

内用液「日医工」;プロピレングリコールクエン酸Na、クエン酸パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、サッカリンNa、グリセリンキシリトール、香料、エタノール

 

エドキサバントシル酸塩水和物口腔内崩壊錠の味情報

エドキサバントシル酸塩水和物口腔内崩壊錠(リクシアナ®︎OD錠)の味情報

 

今回お伝えするのは、第一三共酸の経口FXa阻害剤のエドキサバントシル酸塩水和物口腔内崩壊錠(リクシアナ®︎OD)味情報です

今回はOD30mgを試しました。

 

まずは外観です。

両面に名称印字です 鑑別はしやすいです。

f:id:ozy89314-lab:20190810112146j:plainf:id:ozy89314-lab:20190810112223j:plain

続いて、味情報です。

 

特別香りはありません、、やや崩壊(口どけ)はゆっくりです。

味は少し酸味のある甘さで、甘さも強くなく控えめです。

後味の苦味もなく飲みやすいかなと感じました。

 

『添加物は、D-マンニトール、結晶セルロース、 クロスポビドン、 カルメロース、 アルファー化デンプン、ヒドロキシプロ ピルセルロース、フマル酸、サッカ リンナトリウム水和物、ステアリン酸 マグネシウム、三二酸化鉄』

 

以上です。

 

 

 

ビカルタミド口腔内崩壊錠の味情報

ビカルタミド口腔内崩壊錠の味情報

今回はビカルタミド口腔内崩壊錠(先発はカソデックス®︎)の後発品、日医工さんと沢井製薬(サワイ)さんの2社2製品試しました

 

まずは見た目から

f:id:ozy89314-lab:20190808233327j:plainf:id:ozy89314-lab:20190808233406j:plainf:id:ozy89314-lab:20190808233445j:plain

サワイ;刻印でビカルタミドと表示あり

日医工;コードのみの刻印です

錠剤の大きさ:10×3.2×300(サワイ)

      :10×2.9×300(日医工) 直径mm×厚さmm×重みmg 

 

 

続いて味情報です

最初に日医工さんです

香りはほぼ無しです、溶け方(崩壊の仕方)はゆっくりです。

味はオレンジ味です、甘さは控えめで口に長く含んでいると

やや渋みを感じます。

 

続いてサワイさんです

オレンジの香りはやや強めです

溶け方(崩壊の仕方)は日医工さん同様ゆっくりです

オレンジ味も甘みもやや強めです

苦みや渋みはさほど感じません。

 

添加物は違いは

 

f:id:ozy89314-lab:20190808235516p:plain

同一物質は黄色 異なるもの灰色です

原料に関しては

日医工さんは 日本とインドからの2ラインです

サワイさんは未確認です

サワイさんと日本化薬さんは同一(サワイさんのラインで製造です)
  

広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。